面接の準備 (準備するための 13 の方法)

面接の準備は?地平線上に就職の面接はありますか?事前に面接の準備をしておくと、面接に成功し、求人を獲得するのに役立ちます。将来の雇用主に良い第一印象を与えるために、面接の前後にできることがいくつかあります。

就職の面接の準備をすることは、就職活動を締めくくったり、次の就職の面接を受けるための最良の方法です。以下は、次の夢の仕事に就くための面接準備のヒントです。

  面接の準備



面接の準備方法

面接の準備には、役割と会社に関連する目的と資格について考える必要があります。そのためには、その会社について調査を行い、職務内容をよく読んで、なぜ自分が適しているのかを理解する必要があります。面接の準備方法を見てみましょう。

1. 職務内容を徹底的に調べる

就職準備のガイドとして、雇用主が述べた職務記述書を利用する必要があります。職務記述書は、会社が応募者に求めている資格、特性、および経験のリストです。これらの事実と自分自身を一致させることができればできるほど、雇用主にはあなたがより適格に見えるでしょう.職務記述書は、次のアイデアを提供することもできます。 面接中に会社に尋ねる質問. .

2. 面接を行う理由と、自分が持っている資格について考えてください。

面接の前に、なぜその仕事をしたいのか、なぜ資格があるのか​​ について明確な考えを持っている必要があります.なぜそのポジションに興味を持っているのか、なぜあなたがそのポジションに理想的な候補者なのかを説明する準備ができている必要があります.

関連している: プロの面接のヒント

3. 会社とその機能を調査します。

応募先の企業について調べることは、面接準備の重要な要素です。面接担当者にとって意味のある質問を準備するのに役立つだけでなく、面接の内容を説明するのにも役立ちます。

会社と役職についてできるだけ多くの調査を行うと、競合他社よりも優位に立つことができます。さらに、面接の適切な準備は、クールで最高のパフォーマンスを発揮するのに役立ちます。面接に入る前に、知っておくべきことがいくつかあります。

製品またはサービスについて詳しく知るには、次の操作を行います。

そのポジションが会社の製品やサービスとは関係なくても、チームの一員になりたいと思うはずです。応募する前に、会社の製品またはサービスについてできる限りのことを理解することが重要です。すべての詳細を知る必要はありません。特に、製品が技術的であり、非技術的な役割の面接を受ける場合はそうですが、会社の主要な商品やサービスについて基本的な知識が必要です。

可能であれば、製品のサンプルをリクエストして、お客様の視点を理解してください。企業と消費者の両方の視点から製品について情報を提供できればできるほど、面接はうまくいきます。

役割を調べます。

職務内容をよく読み、すべての基準と職務を確実に理解することが重要です。これにより、面接の準備が整い、そのポジションについて有意義で焦点を絞った質問ができるようになるだけでなく、採用された場合に職務を引き受ける真の資格と準備が整っていることが保証されます。

可能であれば、同等の仕事を探し、その仕事に就いた人の評価を読んで、その仕事が日常的に何を伴うのかを把握してください。面接の際に役割についての説明や詳細を尋ねて、内定を得た場合に備えましょう。役割を調査して面接の準備をすることも、そのポジションが自分に適しているかどうかを判断するのに役立ちます。

会社の文化を調べます。

現代の企業は通常、ソーシャル メディアのプロフィールやブログを持ち、そこで文化や業界について話し合っています。この情報は、会社のトーンと個性、そして彼らが何を重視しているかを理解するのに役立ちます。どんなに素晴らしい仕事に見えても、企業文化に溶け込み、同等の性格と信念を持っていることが重要です。

職場環境、文化、性格、価値観について質問がある場合は、面接中に質問してください。これらの問い合わせは、会社のソフトウェアやツールから、休暇や病気休暇のポリシーまでさまざまです。面接は、あなたがあなたの個人的な職場環境にぴったり合う人を見つけることであると同時に、会社がそのポジションにぴったり合う人を見つけることでもあることを忘れないでください。あなたの価値観が会社の価値観と一致するとき、快適な職業生活が保証されます。これは、会社についてさらに学び、面接官に自分がどのように適合するかを示す絶好の機会でもあります.

4. よくある面接の質問にどのように答えたかを考えてみてください。

面接で聞かれるすべての質問を予測することはできませんが、いくつかの一般的な質問に対する回答を準備することはできます。あなたが誰で、何をして、何を望んでいるのかを簡潔にまとめたエレベーター ピッチを作成することを検討してください。

職種によっては、面接プロセスの一環としてテストや評価が必要になる場合があります。コンピューター プログラミング、開発、または分析のポジションの面接を受ける場合、コード行の作成または評価を求められる可能性があります。ビジネスの仲間に、彼らが準備しなければならなかった試験の例を尋ねることは良い考えです.

念のため、給与の期待に応える準備も必要です。

考慮すべきいくつかの一般的なインタビューのトピックを次に示します。

なぜここで働くことに興味を持ったのですか?

会社の商品、サービス、使命、歴史、文化について学ぶことが、この質問に備える最善の方法です。回答の中で、あなたにとって魅力的で、あなたのプロとしての志に合致する会社の特徴に言及してください。

  面接の準備

たとえば、「変化をもたらす会社で働きたい」などです。就職活動を通じて、快適な職場環境と自分の価値観に合う企業を見つけることを優先してきましたが、この組織はリストのトップにあります。」

この役割についてどのような点に魅力を感じますか?

雇用主は、あなたがその地位を理解していることを確認し、関連する能力を強調できるようにするために、この質問をします。仕事の基準を自分の能力や専門知識と比較することは有益かもしれません。好きな分野や得意な分野をいくつか選び、それらに集中して回答してください。

「プロとしてのキャリアのほとんどの間、私はユーザー エクスペリエンスのデザインに情熱を注いできました。私は完全なアドビ スイートに精通しているので、この会社がそれらを採用していることを知り、非常に感激しました。また、私は設計にアジャイル ワークフローを使用することを大いに支持しています。私の意見では、これは巨大なタスクに取り組む最も効率的な方法です。以前のプロダクト マネージャーとしての仕事では、アジャイル手法を効果的に開発して展開することができ、プロジェクトのスピードが大幅に向上しました。」

あなたの最大の強みは何ですか?

この質問では、技術的能力と非技術的能力の両方について話し合うことができます。面接官があなたの強みを説明するように求めた場合は、あなたの個人的な特徴と、それがあなたが探している仕事にどのように当てはまるかについて話してください.

たとえば、「私は生来の問題解決者です」などです。パズルを完成させるように、深く掘り下げて問題の解決策を見つけることに満足しています。それは私がいつも得意で、好きなことです。困難な問題に対する新しい答えを見つけることは、製品開発の大きな部分を占めるため、そもそもこのプロの道を選んだのです。」

これらに加えて、行動面接の質問への回答も準備する必要があります。

5. 面接中は、話す声とボディー ランゲージを練習します。

面接プロセスでは、好意的で永続的な印象を確立することが重要です。これは、自信に満ちた大きな声で話し、心地よいオープンなボディ ランゲージを使用することで実現できます。これらは自然に身に付くものですが、信頼できる友人や家族と一緒に、または鏡の前で練習する必要があります。笑顔、握手、歩幅には特に注意してください。

実際の面接の前に、少なくとも 2 ~ 3 回は面接の練習をしてください。

6. 面接担当者に尋ねる質問のリストを準備する

多くの企業は、会社や仕事について有意義な質問をする候補者を高く評価しています。面接前に準備に時間をかける 面接官へのいくつかの質問 これは、あなたが会社に関する宿題を済ませ、その役割について知識があることを示しています。以下に、質問する可能性のある質問の例をいくつか示します。

  • この仕事をしている人の一日は何を意味しますか?
  • なぜここで働くのがそんなに好きなのですか?
  • 最も成功している従業員の特徴は何ですか?
  • この機会は私の興味をかき立て、それについてもっと学ぶことに感謝しています.その後の採用プロセスはどのような段階ですか?

7. 模擬面接を使って練習します。

人前で話すのと同じように、面接の準備は緊張を和らげ、自信を高める最も効果的なテクニックです。練習は最初は退屈に思えるかもしれませんが、面接プロセスを数回繰り返すことで、より快適になり、可能な限り最高の印象を与えることができます。

可能であれば、友人や親戚の助けを借りて、できるだけ多くの模擬面接を行ってください。パートナーがいない場合は、声に出して質問と回答を練習してください。話すと、答えが奇妙に聞こえたり、自分の言いたいことを表現していないことに気付くことがあります。これにより、応答を微調整して記憶に残す機会が得られます。面接を練習すればするほど、実際の取引の時が来ると自信が持てるようになります。

面接の質問には、これが実際の採用プロセスの一部であるかのように答えてください。次の面接で、給与の期待 (またはその他の種類の質問) などの難しい質問に答える能力。 給料 質問)、より簡単になります。

8. 履歴書の物理的なコピーを作成します。

ほとんどの企業は、応募書類とともに履歴書のデジタル コピーを求めていますが、面接中に簡単にアクセスすることはできません。

10. 彼らの懸念を予測します。

通常、空席のある機会への応募者は、利用可能な欠員よりも多くなります。その結果、面接担当者は候補者を除外する方法を探します。彼らの立場に立って、彼らがあなたを採用するのをためらう理由を考えてみましょう (「私にはこれがない」、「私はそれではない」など)。次に、防御を準備します。ただし、[インタビュアーの注意不足の原因] に注意する必要があります。」

11. 強い意志を持って、面接を担当してください。

普段は率直に話す候補者の中には、礼儀正しくしようとして、就職の面接で非常に柔和になる人もいます。ただし、礼儀正しさは受動性を意味するものではありません。インタビューは、あなたとあなたのパートナーが同時にお互いに反応しながら一緒に動くダンスであるという点で、他のディスカッションと似ています.インタビュアーがノーベル賞を持ち出すのをただ待つという過ちを犯さないでください。彼があなたの主要なセールスポイントを理解していることを確認するのはあなたの仕事です.

12. 採用担当者を調査します。

面接の前に、面接する採用担当者について調べておきましょう。彼らの役職を知り、就職の面接でどのような質問をする可能性があるかを準備します。 LinkedIn または会社についてのページには、現在および元の従業員をリストできます。相談する専門家の詳細については、会社の Web サイトを参照してください。

13. 事前に道順を確認します。

(ビデオ面接ではなく)対面面接を行う場合は、事前にどこに行くかを知っておくことが重要です。そうすれば、面接に遅れることはありません。どこに向かっているのかわからない場合は、Google マップまたは別の同等のツールを使用して指示を取得してください。

GPS を持っている場合は、会社までの最短ルートを決定するようにプログラムします。駐車が困難な場合は、再確認してください。

時間があれば、面接の 1 ~ 2 日前に練習走行を行うことをお勧めします。どこに向かっているのか、そこに着くまでにどれくらいの時間がかかるのかを正確に知ることができます。数分の余裕を持って、少し早めに面接に来てください。

また、面接の時間と場所を再確認して、正しい軌道に乗っていることを確認することもできます.

  面接の準備

人気のカテゴリ: 人事

私たちについて

人員と協力するためのヒント、職務記述書のテンプレート、インターンシップの指示、付随する手紙の例など。