同僚とマネージャーへの最高のさようならメールの例 (+ 書き方)

別れのメールまたは別れの手紙は、職務を辞任する従業員に代わって書かれた、パーソナライズされた心からの感謝の意です。この別れの電子メールは、通常、雇用の最終営業日に従業員によって書かれ、送信されます。

別れのメッセージと別れのメールは、退職する同僚に代わって礼儀正しく親切な行為と見なされます。これは、従業員が「良い条件」で会社を去り、上司、同僚、および他の従業員が新しい役職や新しい仕事に移る際に強い敬意を払っていることを示しています。

お別れメールの書き方と送り方のガイドライン

会社を退職する従業員として、別れの電子メールを作成して送信するために従うべきいくつかのガイドラインを次に示します。



  • 会社全体に大量の電子メールまたはグループ電子メールの別れを決して送信しないでください。
  • 電子メールの一部として個人の電子メール アドレス情報を含めます。
  • メッセージを個人的なメールにしてください。誠実な別れのメッセージを共有しましょう。
  • チームメンバーの今後の成功と幸運を祈ります。
  • 職場で気になる人に、パーソナライズされた心のこもったメッセージを送信します。
  • 常にその地位と機会に感謝の意を表してください。
  • 彼らと一緒に働いた楽しい時間と、彼らがあなたに残したポジティブな印象を強調してください。
  • 彼らの今後の活躍を祈っています。
  • 雇用の最終日に電子メールまたは手紙を送信します。
  • (オプション) 新しい役職に就くためのキャリア アドバイスを求めます。
  • (オプション) 退職する場合は、退職の手紙と別れの電子メールを含めます。

この種のさよならの手紙を書くときは、正式な手紙を書くのではなく、メッセージを非公式に保つことができます.正式な手紙の書き方は、上司、マネージャー、または上司に提出する辞表に適している場合があります。このメールは心からの個人的なものです。つまり、非公式に書くことができます。このメッセージで素敵な思い出を職場の素晴らしい同僚と共有してください。

さよならメールを受け取るべき人

別れのメールを書くときは、従業員が所属しているビジネスの種類に応じて、次の個人にメールを送信することを検討する必要があります。

  • 直属の部下、スーパーバイザー、マネージャー、上司 (または CEO)。
  • 従業員が密接に仕事をしていた各親しい同僚および人。
  • 役割が外部との関係を管理することである場合のクライアント。

従業員がサービス業で働いている場合、差し迫った雇用の変更について事前にクライアントに通知するのが通例です。そこから、就職の最終日に送別メールを送ることができます。

同僚への別れの手紙と電子メールのサンプル

メールの件名: すべてにありがとうと言いたかった!

ジョーンへ -

今日は憂鬱な日です。就職活動最終日です。貴重なお時間を割いていただき、ありがとうございます。あなたの才能と誠実さを見ることができたシナリオは数え切れないほどあります。私たちはオフィスに残業し、締め切りに間に合うように働き、そのシナリオであなたの粘り強さを見なければなりませんでした。あなたが職場に持ち込んだ日々の励ましに。あなたはすばらしい同僚でした。この新しい機会がなければ、この会社を辞めることはなかったと思います。

あなたは真の友人であり、素晴らしい同僚でした。元同僚のあなたに電話するのは難しいでしょう。

あなたがしてくれたすべてに感謝します。までご連絡ください。 [メール保護]

リチャード

マネージャーへの別れの手紙と電子メールのサンプル

メールの件名: あなたは私のメンターでした、ありがとう!

ジョーンへ -

今日は憂鬱な日です。就職活動最終日です。貴重なお時間を割いていただき、ありがとうございます。あなたの才能と誠実さを見ることができたシナリオは数え切れないほどあります。私はあなたから多くのことを学びました。あなたは私にとってメンターのように感じたと言わざるを得ません。クライアントへの対応、販売方法、プロとしての振る舞い方について、より多くのことを学びました。それは本当の贈り物でした。

あなたは真の友人であり、素晴らしい同僚でした。元同僚のあなたに電話するのは難しいでしょう。

あなたがしてくれたすべてに感謝します。までご連絡ください。 [メール保護]

リチャード

退職届

以下は 辞表 そして無料のテンプレート。

役職別

フォーマット別

理由別

時間別

その他のリソース

関連メッセージ

人気のカテゴリ: 人事

私たちについて

人員と協力するためのヒント、職務記述書のテンプレート、インターンシップの指示、付随する手紙の例など。